不動産投資の種類

3つの投資方法

不動産投資には現物不動産投資、小口化不動産投資、証券化投資の3つの投資の方法があります。この3つの方法とも基本は、インカムゲインを得るか、キャピタルゲインを得るかのどちらかです。

現物不動産投資

一般的に不動産投資というと、この現物不動産投資のことです。

現物不動産投資とは、実際にアパートやマンション、オフィスビルなどを建築・購入し、マンション、アパートなどをの不動産を所有し賃貸して、そこで暮らす人やビルに入っているテナントから家賃やテナント賃料収入を得るというもの投資方法です。広島 賃貸で投資用物件もありますので利用してみてはいかがでしょうか。

読んで字のごとく現物の不動産に投資をして収益を上げるという方法の事です。この方法は直接投資型だといえるでしょう。

そして不動産そのものを購入して投資する方法にも、さらに2種類のパターンがあります。

一つ目が、ワンルームマンションなどに代表される、手持ちの資金だけで全くのゼロの状態から不動産を購入する方法です。

そして二つ目は、自分の所有している土地を他の他人に貸して建物を建てたりその土地を利用して何かをしたときの地代で利益を得る方法や、その土地に建物を建てて今まで使っていなかった土地を収益物件に変えるという方法です。

どちらの方法にしても現物不動産投資には、多額の資本金が必要になりますので、投資できる人も限定されます。またこれ以外には資本金以外に借り入れをして不動産投資をする人もいたりします。

この場合、不動産投資の利回りよりも借入金の金利が高くなるような事があっては行けません。必ず収益を上げることが出来るような物件選びをしなくては、やればやるほど借金が増えていくというアリ地獄のような自体になってしまいまうす。これは現物不動産投資がハイリスク・ハイリターンといわれる理由の1つです。

小口化不動産投資

不動産投資は多額の資金が必要になってきます。そしてその不動産投資が現物不動産投資だけという場合に、不動産投資のマーケットは非常に小さく、そして限定されたものになってしまいます。 その不動産投資にかかる資金を抑えて投資しやすくしたのが小口化不動産投資です。

これは簡単に言うと、共同オーナーとして不動産投資に参加するという方法です。あまり大きくない額からでも出資出来る場合もあります。

50億円の物件の場合この物件を1000口にすると1口500万円で購入することが出来ます。投資をする人はこの1口以上を出資してこの物件の運用に一部参加することが出来ます。こうすれば1人で不動産投資をするよりも資金は1000分の1あれば始める事が出来ますし、リスクも少なくなるので、不動産投資を始め安くなりました。

この小口化不動産投資は、始めに不動産会社が投資家から資金を調達するための組合を設立します。

そして不動産会社が投資家から集めた資金で、賃貸マンションやオフィスビル、商業ビルなどを購入・建設して得られる賃料収入や売却収入で収益を上げます

通常は、その不動産会社が不動産の管理を行って、収益を出資した投資家へ分配するという仕組みです。

投資家は不動産の所有権ではなく共有持分権を得られるので、投資対象不動産の管理が無くなります。

証券化投資

小口化不動産投資とそれほどの違いはありません。マンションや商業ビル、もしくはオフィスビル等の現物不動産を有価証券に変換させて少額化と流動性を確保した投資商品です。この証券化投資の代表的な商品としては不動産投資信託があります。

投資法人が投資家から集めた資金で不動産を購入して、そこから発生する賃料や利益などの運用益を配当として投資家に還元されます。

投資家には投資証券等が発行されて、。値動きも新聞などで確認できます。

この証券化投資が小口化不動産投資と決定的に違うところは、証券を購入するというところではないでしょうか。

証券化投資の特徴として主な収入源としては、小口化不動産と同じインカムゲインなのですが、この投資の元本や配当金の保証はないということです。しかしその分、不動産投資にかかる多額の資金やリスクは分散されています。